副市長の雷浩は臨池鎮に行って調査します。
2019-07-24 443

        2019年3月12日、レイホ副市長は私の町に科学技術企業の生産発展状況を調査しに来ました。市科学技術局局長商献文、鎮党委員会書記路用強、鎮長劉海源が随行します。

                   

                  

                 

                 

                 

                 

                                                                                    ▲調査現場

        研究グループの一行は相次いで鄒平興忠めっきセンター、山東大展ナノ材料有限公司、山東恒嘉高純アルミニウム業科学技術株式有限公司を訪問し、会社の責任者と深く交流し、科学技術研究開発、製品応用及び生産経営などの状況を詳しく知り、技術研究開発研究室に入りました。機器の使用、製品の特徴などについて、研究者と深く検討しています。調査チームは、政府は政策指導とプラットフォームサポートの役割を十分に発揮し、科学技術型企業が直面する困難と問題を一心に解決し、企業の発展のために条件を創造し、サービスを提供するよう努力しなければならないと指摘しました。同時に、科学技術型企業が自身の技術研究開発の優位性に立脚し、市場志向を堅持し、独自のブランド特色を持つハイテク製品を製造し、企業の核心競争力をさらに高めることを期待しています。



Copyright ©2017山東恒嘉高純アルミニウム業科学技術株式有限公司 All Rights Reserved. 鲁ICP备19032733号