山東恒嘉高純アルミニウム業支部委員会:遠くから必ず近くに来て、果てしないことを追求します
2019-10-16 185
      山東恒嘉高純アルミニウム業科学技術株式有限公司は2014年9月17日に設立され、山東省で高品質アルミナの生産と販売を専門に行っている高技術民営企業です。会社は山東省浜州市鄒平県臨池鎮郭庄村工業園にあります。科学技術者47人を持ち、自主的に発明特許2件を開発し、実用新案特許12件を自主的に研究開発し、科学技術部に「科学技術型中小企業」、ハイテク企業及び浜州市の「一企業一技術」研究開発センターと評価されました。アルミ微粉25000トン、アルミスピネル微粉5000トン、板状剛玉50000トンの規模は、山東省の品種の最全、最大規模の高品質アルミナ加工基地となっています。
     山東恒嘉高純アルミニウム業はわずか5年間で、堅塁を攻略し、内外兼修し、既定の目標に向かって堅実に邁進してきました。今に至るまで、商売は盛んになり、業務範囲は絶えず開拓され、サービスの質は絶えず向上しています。これらの質的変化は根本的に同社の長期的な発展のために基礎を固め、2018年12月5日に全国中小企業の株式譲渡システムに上場しました。

自主開発の変革は道にあります



       2014年に設立されてから、わずか5年間の発展過程の中で、恒嘉高純は自主的創造革新の歩みを止めたことがない。会社の創立の初め、会社の社長の邵長波さんは恒嘉高純アルミニウム業の研究開発に成功して、高純焼結板状の剛玉を生産しました。その後、恒嘉高純アルミニウム業は高純耐火原料分野で連続的に難関を突破して、一連の新製品を出しました。「自主的な研究開発を堅持するとともに、会社も知的財産権の保護を非常に重視し、『特許を先に申請し、研究開発に投資する』という戦略を取っています。2018年恒嘉高純アルミニウム業は特許11項を申告し、そのうち9項は実用新案で、2項は発明特許で、2019年にまた8件の特許を申請します。無数の実りの中に、恒嘉高純アルミニウム業の研究開発チームの長年の心血が凝縮されています。

沈殿物の蓄積は恒嘉に根をおろす


      製品の品質において、恒嘉高純アルミニウム業は一貫して「厳格」で最終的な結果を保証します。会社の解釈によると、「製品の品質保証において、主に原材料から始めることです。元から何重にもチェックしてこそ、後続の過程でミスを減らす可能性が保証されます。」それ以外に、製品の研究開発から製品の生産、製品の包装まで、製品を取引先の手の中に手渡すことができて、きっと望み通りにならないところが現れて、これは絶えず問題を発見して改善しなければならなくて、時間で沈殿して経験して蓄積して製品の品質を保証して、それによって取引先の認可を勝ち取ります。経験を積むには集中が必要で、恒嘉高純アルミニウム業は「高純度耐火原料を除いて、他のことには関心がない。いくら利潤が高くても、自分のやっていることだけに集中している」と話しています。
核心的な役割を発揮して赤色の輝きを際立たせる





      さらに党組織のバリケードの役割を発揮し、党の組織構造を健全化し、大衆の基礎を強固にし、拡大し、より良い人民に奉仕し、中国の特色のある社会主義で思想の共通認識を凝集することを堅持し、「中国の夢」と社会主義の核心価値観のテーマ教育を深く推進する中で、思想活動を宣伝し、会社の凝集力、文化のソフトパワーと社会影響力を絶えず強化していく。ステップアップ。ここ数年来、会社支部委員会は時勢を考慮して、時代と共に発展する思想で、全体の局面の仕事理念に立脚して、党組織自身の建設を全力で推進して、党建設で他の仕事を牽引して、1、ブランド効果を拡大して、販売規模と利益の急速な増加を実現します。グループ;4は産業チェーンを延長し、全産業チェーン競争戦略を実施する。現在、企業は各生産ラインの自動化システムの改善と最適化を実現し、製品と設備の全体的な優位性を大いに高めました。

       将来、私たちは党の19の精神を指導にし、習近平総書記が党を治める重要な思想を全面的に貫徹し、党の先進性と純潔性を強化するという主軸をしっかりと把握し、能力体系を核心とする党建設活動体系を全面的に構築し、党建設活動の政治指導力、発展推進力、文化影響力、調和保障力を高め、党建設活動の政治優勢、組織優勢と大衆の仕事優勢は会社の発展優勢と競争優位に転化し、会社の戦略目標を実現するために強い思想保証、政治保証、組織保証、文化支持及び調和安定の環境を提供する。


      民営企業として競争の激しい商海に浮き沈みするのは容易ではない。近くから遠くへ行くには限りない追求が必要です。これは恒嘉高純アルミニウム業の長い道です。企業も六文字の真言である「何をして誰に売るか」を考えています。どんな製品を作って誰に売るべきですか?市場の需要はどうですか?これは主に恒嘉高純アルミニウム業が製品をガイドとする落とし穴に陥るのを防ぐためです。市場は常に飽和状態にあるので、技術力を蓄積して突破していきます。まさに社長の邵長波が絶えず新しい考えを求めて、心を潜めて真面目に経営しています。恒嘉高純アルミニウム業は毎年リードする技術と設備を出して、国内の高純耐火原料分野の先頭羊になります。



Copyright ©2017山東恒嘉高純アルミニウム業科学技術株式有限公司 All Rights Reserved. 鲁ICP备19032733号